2008年10月20日

グローバル・クライシス

今日、ラボメンバーと一緒にランチに行ったときの会話(*異なる色は異なる人物のコメント)。

お前のデータは良いから、良い論文になるよ

そうなんだけど、セクシーなストーリーにまとまらないんだよな。。。

確かにハイプロファイルなジャーナルに通すには、1つの良いパンチラインがいるもんな

---
で、会話はハイプロファイルなジャーナルは必要か否か、という話題に。。。

ハイプロファイルジャーナル持ってても大したことないヤツ知ってるぞ

けど、ハイプロファイルジャーナル持ってると、ジョブをはるかにゲットしやすくなるぞ

と話していた時に、ボスのケンが登場

ハイプロファイルジャーナルはいらん、重要じゃない



あんた持ってんジャン。。。

イエス(苦笑)
けど、ハイプロファイルジャーナルをゲットするのホントに大変だし、マルチプルリジェクション喰らって論文は良くなるモンや

確かに数%は良くなるかも知れんけど、たまに悪くなることもあるぞ

少しのやり取りの後、議論が戻り

実際、ハイプロファイルジャーナルを持っていなくても有名な人はたくさんいてる

一方で、確かにxxラボからEJNにすごく良い論文出たのに、誰も読んでない論文もある。。。

俺はそれ読んだぞ。
と、ギューリー先生も参戦。。。

ケンの論文は、ネイチャー論文よりJNPの方がよく引用されてるだろう

とかで、議論は平行線。。。

はじめに話を始めた僕らはすでに食事を終了していたので、席を立った。。。

---
本来、セクシーな論文は必ずしも必要ない、質の方が大事(なはず)。
けど、世の中うまくわたっていくには、いる。

ということなのだろう。。。
ダブルスタンダード的な問題がそこにある。

このあたり、みんなわかっているはずなのに、なぜそういう流れにならないのか。。。

まさに、CNSバブル、サイエンス業界のサブプライム問題(ちと意味が違っているがニュアンスは伝わるはず)である。。。

なんだか、世の中間違っている。はじけて欲しいものである。

CNSが捏造まみれになったら、バブルははじけるか?

とにかく、今のサイエンスの制度はおかしい。

脱線したけど、このエントリーの本当のメッセージは、この会話(ジョブを取るにはハイプロファイルジャーナルがいるかどうか、という議論)は日本ではなく、多国籍国家・米国で行われた「インターナショナル」な会話だ、ということ。

つまり、日本にいようが、アメリカに来ようが、繰り広げる会話はそうは変わらない。

当たり前であるが、good-to-knowな問題である。
グローバルな問題である。。。

2 コメント:

lilly81 さんのコメント...

Your blog is interesting.
This blog seems to have some philosophy that can be shared by the researchers of other areas, including me.

So, you mean that there is a difference between the paper of an attractive or sexy story and a sceientifically highly-qualified paper, I presume?

Personally, one of the factors of highly-qualified paper is continuity with the previous works. In order to write a series, plain but fundamental work would be required.

Shuzo さんのコメント...

Thanks for you comment, lilly81!

Yes, I feel that a sexy paper is different from a highly-qualified one in some degree.
(of course, there are really good Nature papers.)

I basically agree on your opnion, but also I think a highly-qualified paper has lots lots of information which we should learn.

For example, anatomical study in neuroscience is the one.
Such studies are very difficult to get Nature papers, but there are many must-read anatomical papers for related people. I would say that such important studies for community are highly-qualified.